クリミナル☆二人の記憶を持つ男

 

ここのところ、ずっとハートフルだったりコミカルな映画ばかり観ていたので、ちょっとハードなアクションものが観たくなった☆

 

相変わらず慌ただしくレンタルショップでDVDを選ぶので作品を選ぶ決め手となるのは出演者!

 

クリミナル 二人の記憶を持つ男

 

タイトルも面白そうだったし、なんといってもキャストがビックリするくらい豪華!

これ、世間では話題になったのかな?

知らなかった(^_^;)

 

 

主演、ケビン・コスナー タイトル通り亡くなったCIA諜報員の記憶を植え付けられた男☆

最初だれだかわからなかったくらい、粗暴で極悪な男。。

それが記憶を植え付けられたことでどんどん変化していく。。

ん〜ケビンじゃ歳食いすぎじゃない?

でも、やっぱりどんどんいい感じになっていく♪

やっぱ名優だなぁ!

 

殺された諜報員に、デッド・プールのライアン・レイノルズ

あっという間に出番なしになっちゃうのに、存在としてはずっとラストまで出演だね♪

 

CIAのちょっと役立たずっぽいボスに、ゲーリー・オールドマン

個人的には彼は猟奇的な役の方が好きだな(笑)

 

他人の記憶を植え付ける研究をし実践した博士に、宇宙人ジョーンズ! トミー・リー・ジョーンズ

さすがの存在感だけど、ちょっと出番少ないかな

 

そしてびっくりしたのが、殺された諜報員の妻に、ワンダーウーマン、ガル・ガドット

なんでこんなチョイ役?って思ったら、のちに重要な関わりが出てくる

 

 

ストーリーのネタバレに注意してちょっとだけ感想を(^_-)-☆

 

ストーリーはすごくわかりやすい♪

この手の作品って、誰が誰?って混乱しちゃうことがあるけど、すごくシンプル!

 

ありがちなテーマだけど、途中まではすごく面白く観れた♪

でも、無理やりなラストと、あんなに撃たれても死なない主人公にちょっとありえない!と(^_^;)

 

もしかしたら続編狙い?

 

私は基本アクション映画が好きなんだなって再確認した(笑)

 

 

 

 

| 映画の話 | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ドリーム *Hidden Figures*

15年ぶりくらいにロキシーで映画を観た☆

公開を楽しみにしていた『ドリーム』

 

 

時代は米ソが宇宙開発に凌ぎを削る1960年代☆

舞台はNASA!(ネタバレありあり 笑)

 

アメリカ南部は人種差別甚だしく、人種と性差別の中奮闘して、マーキュリー計画、更にはアポロ計画などの宇宙開発に関わった3人の女性たちの実話!

 

実にワクワクする題材だ!

パワフルで前向きな3人の女性たちに元気をいっぱいもらえる作品☆

 

人種差別にも卑屈にならず、並外れた数学の才能を発揮し、自分を主張して道を開いていく!

素晴らしい!

 

しかも、3人とも子どもを持つ母親ってところがすごい!

旦那様や周りの協力があったことも忘れてはならないよね☆

 

気難しい上司のもとで働くキャサリンは計算係に抜擢されるも、部署内での差別にあう。。

信じられないことに、当時は白人と有色人種のトイレは別で、キャサリンの働く東棟にそのトイレがなく、トイレの度に遠く離れた西棟まで走らなければならない。。

 

1日に何度か長時間席を外すキャサリンの事情を知った上司は、トイレにかけられた『白人専用』のプレートを斧で叩き割る!

 

『白人も黒人もみな小便の色は一緒だ!』

 

かっこいいな〜! 

なんたってこの上司役が、ケビン・コスナー!

久々に渋いケビンを見たよ(^_-)-☆

 

初の地球周回軌道飛行の飛行士、ジョン・グレンを地球に無事返すための着地地点の計算☆

打ち上げ直前でIBMの計算に狂いが!

 

不安の中、グレンは『キャサリンが計算してくれたなら、飛ぶ!』と言う!

 

かくしてキャサリンの計算の元、トラブルはあったけれど、グレンは無事に飛行を終え地球に生還する☆

感動だね!

 

マーキュリー計画の陰に、姿を現さない女性たちの存在があった!

(まさにHidden Figures!!)

 

黒人初の管理職を目指すドロシー、エンジニアになるために紛争するメアリー、3人ともなんてかっこいいんだろう!

人種差別に暗くならず、コメディ部分も、ちょっとロマンスも楽しい作品♪

 

リケジョになりたかった私。。

うんと勉強して、JAXAに入って日本の宇宙開発に携わりたかった!

そんな私がドキドキ、ワクワクして鑑賞した作品☆

 

絶対おすすめ!(11月10日までだって)

 

 

 

 

 

 

 

 

| 映画の話 | 11:07 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
僕のワンダフル・ライフ♪

 

も〜、ナイトショーが21時45分からだって、観に行っちゃいました♪

 

犬好き、犬を飼っている人、犬を亡くしたことがある人にはたまらない作品だ☆

 

ストーリーなんてちょっとおかしくても関係ない!

最愛の飼い主に会うために、何度も生まれ変わっちゃうなんてことが本当にあったらどんなに幸せだろう。。

 

主人公イーサンと一番長い時を過ごしたベイリーがゴールデン・レトリバーってところも泣かされた。。

どうしても4年前に天国に旅立ったマリンを思い出してしまう☆

 

ちょっと困ったように片目を上げる仕草や、食いしん坊なところ、走り方。。

次第に年老いて目の周りが白っぽくなって、動けなくなって。。

 

涙がボロボロでた!

隣で観ていた夫も同じ(^_^;)

きっとマリンのこと考えてるんだろうな。。

 

マリンを思い出して胸が締め付けられた☆

 

そして映画を観終わったら、家でグースカ寝ているだろうレディに無性に会いたくなった(笑)

 

レディももしかしたらマリンの生まれ変わりかもな。。

ってつぶやく夫。。

 

残念だけれどそれはありえない!

 

だって、マリンが亡くなる前にレディは生まれているんだもの(^_^;)

| 映画の話 | 15:34 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
ジーサンズ〜はじめての強盗☆

 

この作品が面白いと教えていただいたけれど、上映が千石だったので夫が乗り気じゃないだろうなって諦めていたら。。

ネットで調べたのか、絶対観に行きたい!と言い出してビックリ(^_^;)

 

キャストと設定を見ただけで、面白いっていうのは確信した♪

 

朝一の上映だったので、早起きして電車で出かけた☆

久々の千石劇場は、私たちの他に男性客が一人だけで、ほぼ貸切状態(笑)

グラシネさんみたいに、劇場外からの食べ物持込禁止もなく、始まる前にゆっくり朝食を取ることができた(*^_^*)

 

 

さて、この作品!

もう最高に面白かった!!

 

なんたって三人のジーサンズが、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン、アラン・アーキンという豪華さ☆

そのベテランの名俳優たちがなんと銀行強盗しちゃうっていうのだからもうはちゃめちゃ(笑)

 

三人とも結構切実な状況に置かれていて、お金が必要だ

にもかかわらず、ずっと勤めていた会社の経営者が替わって、年金さえも消失してしまった

そして、銀行強盗を思いつく

しかも盗むお金は支払われるはずだった年金の額だけ

 

三人は強盗決行のために計画を練り、アリバイ工作や体力づくり、予行演習でスーパーに万引きに入ったりする(笑)

 

もういたるシーンが笑い満載なんだけれど、スーパーに万引きに入って逃げる際、盗んだカートを運転するジョー(M・ケイン)、横を走るウィリー(M・フリーマン)、もう走れないと訴えるウィリーにジョーがカートの前のかごに乗れっと言う

ETじゃないんだから無理だっというウィリーだけれど。。

画面が変わってカートの前かごに乗る大男ウィリーにもう声を上げて笑ってしまった!

 

 

名優たちの織り成す安定のコメディがこんなにも面白いものか!

誰も捕まらない、死なないのラストにホッとして、最後の最後まで楽しませてもらった♪

 

映画って本当にいいなって思える作品だった☆

 

沢山の人見て欲しいけど、知らない人きっと多いよね?

私もkobayさんに教えてもらうまでまったく知らなかったし、千石劇場ってだけで敬遠しちゃっていたかも。。

 

千石さん、久々に行ったけど(第9地区以来)、スクリーンもきれいだし空いているし(笑)なかなかよかったわ(^_-)-☆

 

それにしても『ジーサンズ』とは(笑)

最近、邦題クレイマーの私はどこへ行った?ってくらい、面白ければどーでもいいって思えるようになっちゃった(笑)

 

 

| 映画の話 | 11:39 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ワンダーウーマン♪

 

ナント、約8ケ月ぶりの劇場鑑賞!!

 

主演のガル・ガドット見たさにワンダーウーマンに決定!

DCってところがちょっと気になったけど、まぁ劇場で迫力の映像を観るのを楽しみにグラシネへ♪

 

初っ端驚いたのは、チケット購入が券売機になっていたこと!!

ガイドの人もいたし、私そういうの割と気にならないから平気だったけど、夫は戸惑っていた(笑)

 

 

さて、感想は。。

いやいや、久しぶりの劇場で、ド派手なアクション作品はやっぱり疲れたわ。。

やっぱり、アメコミは苦手かも。。

 

美しく強いダイアナ(ガル・ガレット)が見れたのは良かったけど、久々ななので途中で疲れちゃった(^_^;)

それと、クリス・パインが髪型のせいか、マスオカの岡田さんに見えちゃって(笑)

 

でもやっぱり映画はいいね〜♪

 

一度観始めると、すぐにまた観に行きたくなる♪

 

夫は『僕のワンダフルライフ』が観たいんだって☆

ワンコの話だからね♪

 

それと、kobayさんに教えてもらった『ジーサンズはじめての強盗』

これ、千石だけど観に行っちゃうよ(^_-)-☆

夫がノリノリ♪

 

やっぱり映画はいいなぁ〜!!

 

昨日は鑑賞前にグラシネさんの近くの焼き鳥屋さんで腹ごしらえ♪

『たれや』さん♪

ここの『しろ』がめちゃくちゃ美味しい!

 

おでんも美味しい陽気になっちゃったね(^_-)-☆

 

 

| 映画の話 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ラブ・アクチュアリーに続編!?

 

思わず、うっそ〜!!と嬉しい悲鳴を上げてしまった☆

あの名作、2003年に公開された『ラブ・アクチュアリー』の続編が製作されるって、マジですか?

 

リチャード・カーティス監督が立ち上げたチャリティー、Red Nose Day に、登場人物の14年後を描いた10分ほどのショートムービーとして蘇るらしい! 原題 『Red Nose Day Actually 』

 

果たして、私たちが観ることができるかどうかわからないけれど、製作されるという事実に感動!!

 

 

ということで、クリスマスでもない時期に、8年ぶりにオリジナル作品を観ることにした♪

 

夫も私も大好きな作品なのに、ずいぶんストーリーを忘れてしまっていてビックリ!

それと、そのキャストの豪華さにも改めてビックリ!

 

ヒュー・グラントとか、エマ・トンプソンなんかは印象深いから覚えていたけど、キーラ・ナイトレイ、リーアム・ニーソン、コリン・ファースなんかも出ていたんだね!

 

19人の登場人物、8組の恋愛模様が描かれた作品☆

 

クリスマスというただでさえウキウキする季節☆

8年前に観た時は、親友の奥さんに思いを寄せる青年の、実らぬ恋に胸キュンさせられたけど。。

今回はアラン・リックマン演じる夫が部下と浮気をしているのを知った、妻エマ・トンプソンが切なくて切なくて。。

8組もの恋愛があると、観るたびに感情移入するパターンが違ってくるのかも(笑)

 

残念ながら、昨年、アラン・リックマンが亡くなってしまったということで、妻役のエマ・トンプソンは続編には出演しないらしい☆

 

相変わらずヒューはあまり好きじゃないけれど(笑)、この作品の顔だから、続編と言ったら出ないわけにいかないね(^_^;)

 

10分のショートムービーにどうやって14年後の登場人物をまとめ上げるのか、やっぱり絶対に観てみたいな!!

 

 

 

そうそう、まったくミーハー丸出しで恥ずかしいのだけど、山P主演の『コード・ブルー』も7月からの月9に続編が放送されるんだって♪

楽しみだな〜♪

| 映画の話 | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ローグワン/スターウォーズストーリー

 

お正月休み最後の日、体調もだいぶ回復し、このまま終わるのは嫌だ〜と駄々をこねて、映画を観に行くことにした♪

 

昨年後半は何本か観たい作品があったのだけど、お義母さんお怪我や入院でバタバタして、劇場へ行くことが叶わなかった。。

(DVD出たら観る作品リストアップしておこう!)

 

『ローグワンが観たい!』

 

と言ったら、夫が二つ返事でOK!

なんだ、貴方も観たかったんじゃん(^_^;)

まだちょっと足はフラついてたけど、朝からビールを飲んだ夫が運転できないため、ハンドルを握る☆

 

 

あ〜久々のグラシネの匂い!

甘いキャラメルポップコーンの匂いにちょっと吐きそうになる(笑)

 

昨年、クリスマスイヴにEP7を観てがっかりしてから、もうスターウォーズはたくさん!って思ってた☆

が!!

今回はスピンオフで評判もなかなかいい!

久々の劇場というのも相まって、かなりテンションが上がっていた(病み上がりでしょ?)

 

観始めたら一瞬で引き込まれ、そうそう! これよこれ!

私はこーいうのが観たかったの!

とワクワクが止まらない〜♪

 

宇宙船がバンバン、ワープを繰り返し、いろんな惑星に異星人(←これがないとSWじゃないから)

この作品の中の口の悪いドロイドがまた泣かせてくれる!

 

正直、地上での戦いはハードで辛いけど、宇宙空間でビュンビュンと飛び交うのに大興奮!

絶望的な状況に追い込まれても、希望のために戦う。。

哀しいけど。。

フォースを信じて!

 

この作品、EP3 とEP4の間を描いたものなんだってね☆

最後に最強で極悪なアイツが登場して、期待を裏切らない悪さをする(笑)

そして希望が♪

 

 

スターウォーズってなんだか本当にそんな世界が存在するんじゃないかって思えてしまう☆

後から過去を描いてみたり、上手く話を繋げているなって感心する☆

 

宇宙好きな私にはたまらない作品だ!

 

 

折しも、今日のYahoo!ニュースで、高速電波バースト(FRB)が30億光年も彼方の小銀河から発せられていることが確認できたとあった!

気の遠くなるような話だけれど、それを研究解明した人間もスゴイ!

 

いつか宇宙レベルの戦争が始まるなんて日が来ることがあるのだろうか?

同じ地球上の人間同士が戦うなんて馬鹿なことが早くなくなればいい!!!

 

 

 

| 映画の話 | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ラッシュ/プライドと友情

「ラッシュ/プライドと友情」 (2013) アメリカ=イギリス
原題/Rush
監督/ロン・ハワード
出演/クリス・ヘムズワース ダニエル・ブリュール 

 

 

最近、BS-TBSの火曜日の映画が面白い!
 

昨夜は『ラッシュ/プライドと友情』

 

最初から言わせてもらうと、邦題のサブタイトル、要らなくね?

邦題クレーマーの私としては、『○○と△△』ってのが大嫌いで(笑)

『ラッシュ』だけの方がずっとカッコイイと思うんだけど。。

 

 

実は私、カーレースには興味がなく、F1のこともほとんど知らない!

だから、あまり期待しないで観た作品だけど。。

 

面白かった!!

 

F1レーサーのニキ・ラウダとジェームズ・ハントが、1976年、F1チャンピオンの座をかけて戦った実話☆

性格も容姿も正反対な2人☆

真面目なラウダと奔放なハント

前年チャンピオンのラウダがリードして迎えたドイツのレースで、彼は事故で大やけどを負ってしまう。。

復帰は無理だろうと言われていたのが、驚異の回復力で6週間後には再びレースへ

彼の早期復帰の原動力となったのが、ラウダ不在の間のハントの活躍だった

 

優勝の行方は最終戦の富士スピードウェイへ(ここ、すごい!)
土砂降りのサーキットでの戦いに勝つのは?

 

レースのあとに雨が上がり美しい富士山が現れる。。のは読めちゃった(笑)

 

最後の何分間か。。モノクロの映像にラウダのナレーションで、その後の二人のことが語られる。。

 

 

辛口の夫も高評価の作品☆

 

 

余談だけど、主演の二人、実物の二人とよく似ているんだって!

 

ニキ・ラウダを演じたダニエル・ブリュールは本人に似せるために前歯に付け歯をしたんだとか?

ジェームス・ハントは、ソーだよ!マイティーソー!!

あの逞しいソーが細マッチョのハントに変身!

 

さすが役者だね(^_-)-☆

 

なんかこの記事、文字サイズが変だよ!

| 映画の話 | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
君の名は。

 

久々の劇場鑑賞の作品は、なんとアニメ!! 『君の名は。』

 

はい、夫が観たがったもので(^_^;)

 

アニメと言ったら、ピクサーかディズニー、ジブリくらいしか観たことなかった(あ!妖怪ウォッチも)

先に鑑賞した息子が絶賛!

そこらの下手な作品よりずっといいよ! と言われてその気になった(笑)

 

新海誠監督の光を大切にした美しい映像にも興味があったので。。ちょっと楽しみにしていた♪

 

いつものグラシネ、でもいつもと違う!

完全アウェイ感満載(笑)

 

どこを見回しても若者ばかり!

 

そりゃそうだよね(^_^;) 

この手の作品を中年夫婦が二人で観に来ているは異様な光景(笑)

それでも、娘さんと観に来ていた同年代の女性発見♪

 

されど。。 おっさんは夫一人。。

 

さぞ居心地の悪い思いをしていると思いきや、結構ノリノリで笑えた♪

 

 

さて、肝心の作品☆

 

公開中ということであらすじには触れないけれど、なるほど。。とうの昔に失くしていた胸キュンの感覚を思い出した(笑)

そして評判通りの美しい映像の作品だった☆

 

実写だったら絶対に観に来なかっただろうけど、年甲斐もなく引き込まれてラストまで飽きることなく鑑賞♪

アニメって実写では表せない部分まで描けちゃうんだね(^_-)-☆

 

そして流星がこの作品のキーポイントとなっている☆彡

宇宙オタクとしたらありえないって思うけど、そこはアニメ(笑)

 

主人公の男の子の声優が、神木隆之介くんってのがまたよかったのかも♪

有名人が吹替をする場合、その人のイメージが鼻に着いちゃうことあるけど、神木くんは逆に彼のイメージとぴったりな男の子だったので、とても心地よかった♪

 

DVDになったら、もう一度観てみようと思った(*^_^*)

 

| 映画の話 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブリッジ・オブ・スパイ

 

満を持しての鑑賞♪

この手の作品はちょっと気持ちに余裕があるときに観たかった☆

 

米ソ、冷戦時代、スパイ、交渉、ベルリンの壁。。

 

ちょっと身構えてしまいそうなテーマなんだけど、スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演、脚本がコーエン兄弟ときたらそれだけで期待大!!

私の中で、トム・ハンクスの作品にハズレなし!っていうのがあって、観る前から絶対面白いだろうって確信があった(笑)

 

 

 

(思い切りネタバレあり)

 

ソ連のスパイ、高齢のアベル(マーク・ライランス)の弁護を任されたドノヴァン(トム・ハンクス)

敵国のスパイの弁護をするということで、世間からの風当たりも強く、家族も危険にさらされたりする☆

でも、ドノヴァンはそんなことにも負けず、次第にアベルとの信頼関係を深めていく。。

そして誰もが思っていた死刑を回避して、懲役の判決まで持っていく。。

 

後にソ連の捕虜となった米兵の身柄と、アベルの捕虜交換の話が持ち上がる

水面下で極秘にその交渉に当たるのを、民間人であるドノヴァンが任される

 

ドノヴァンはドイツに行き、その交渉にあたる

 

まさにドイツは国勢が不安定で、ベルリンの壁が建設されている最中。。

アメリカからの留学生も捕えられてしまう

ドノヴァンは必死の交渉に当たり、アベルと米兵捕虜、留学生の1対2の交換の実現までこぎつけた

 

そして圧巻のグリーニッケ橋での緊迫した捕虜交換のシーン

 

お互いの真意を探り合いながら交換の時を待つ

 

ドノヴァンとアベルの会話の中に、それまで布石として交わされてきた言葉がいくつも登場する!

そして解放された米兵は仲間に喜びのハグをされ、一方のアベルは言葉もなく車の後部座席へと乗り込んでいった。。

 

その姿をじっと見つめるドノヴァン

 

任務を終えてアメリカに戻り、妻と再会する

 

普通の毎日が戻り、通勤の列車の中から、子どもたちが塀をよじ登って遊ぶ姿を見た。。

その表情からは、ドイツの車窓から見た、ベルリンの壁を乗り越えようとして射殺された人々のことを思い出しているのが窺えた

 

 

 

 

トム・ハンクスは言うまでもなく、マーク・ライランスがすごく良かった!

 

Would  it help? (役に立つのか?)の決め台詞が渋い!!

 

時々、こういう作品が無性に観たくなる。。

長い作品だけど、中だるみもなく食い入るように観てしまった☆

観てよかった〜って思える作品にまた出会えてよかったな♪

 

| 映画の話 | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

Live Moon

SEARCH

SPONSORED LINKS

    無料ブログ作成サービス JUGEM