私は太宰を読んだのか?

長い間生きていると、恥ずかしい経験を数限りなくしている☆

そして何かの拍子に、ふとそのことを思い出すことがあり、そんなとき私は。。

 

うにゃ〜! とか むごぉ〜! とか ほぇ〜! なんていう普通の生活ではまず発しない擬音をあげる(笑)

 

そして必ず思い出すのが、ある小説の一節☆

 

だけど、それが何の作品の一節だったのか、一向に思い出さない(思い出せない)(^-^;

 

でも、今の時代は便利!

PCで、思い出す限りのフレーズを入れて検索をかける。。

 

いとも簡単に見つかった!

 

太宰治の『斜陽』

 

 

あまりにも有名な作品の冒頭だった。。 

 

朝、食堂でスウプを一さじ、すっと吸ってお母さまが、「あ」 とかすかな叫び声をお挙げになった

 

この一節が妙に鮮烈に私の記憶にに刻まれていた!

そして少し後にこう続く。。

 

何か、たまらない恥ずかしい思いに襲われた時に、あの奇妙な、あ、という幽かな叫び声が出るものなのだ

 

私の場合、幽かとは程遠い奇声が出てしまうのだか(笑)

 

 

太宰の作品と言ったら、教科書か何かの『走れメロス』くらいしか読んだ記憶がない(^-^;

私は過去に『斜陽』を読んだのか?

 

作品は別として、太宰は人として好きではなかった。。

こういう男に惹かれる女性もいるだろうけど、私は無理だ!

 

そんな潜在意識を持っていたから、太宰の作品なんか読んだのだろうか?と疑問が沸く☆

 

それが知りたくてすぐに書店に行こうと思ったのだけど、今はネットがあるじゃない♪

早速、青空文庫で『斜陽』を読んでみた☆

 

有名な冒頭、そして戦後の堕ちていく貴族の生活。。

 

あ! 記憶の片隅に小説の情景が蘇った!

 

これ、読んだことある!

そして、たぶん昔読んだときと同じく、主人公かず子が恋をする『上原』という男に嫌悪感を抱く。。

ちょっと書評を観てみたら、この上原こそ太宰自身ではないか?なんて言葉が。。

 

やはり太宰は嫌いだ(^-^;

 

 

 

斜陽にはたどり着いたけれど、昔読んだ短編でどうしても表題も作者も見つけられないものがある。。

 

 

病床の弟の傍らで、腫れた足をさすりながら姉はあることを思い出す

 

遠い昔、小学校の運動会の時、忙しい母が無理して作ってくれた海苔巻き寿司の弁当

作るまではよかったが、きっと小さく切る時間がなかったのだろう

弁当には長いままの海苔巻きがはいっていた

自分はなんとかごまかして食べたけれど、弟が泣きながらやってきて、海苔巻き寿司が切ってないと訴えた

姉は不格好だけれど、なんとか一口大にちぎってあげた

 

そんなことを思い出しながら、死が近い弟の足をさする

 

 

こんな内容の短編なんだけど、どうしても作品名がわからない!

 

根気よく探してみよう!

 

私にも弟が二人いる☆

いいおっさんだけど、歳を取るにつれ、やっぱり弟たちのことをいとおしく感じる(^_-)-☆

 

さて、母のリクエストに応えて今日は特製のカレーを作ったので、これから実家に出かけよう♪

| 映画&本 | 10:47 | comments(0) | - | pookmark |
美しい星☆映画化

 

邦画はめったに観ないのだけど、グラシネさんのロードショー、迷っている。。

 

三島由紀夫原作、リリー・フランキー主演の『美しい星』

 

原作を読み始めたのが約7年前(?)その記事

題材からして宇宙オタの私にぴったりなのだけれど。。

 

これがちっとも読み進まず、挙句の果てに本を失くしたという(^_^;)

よほど相性が悪かったのか。。

三島由紀夫の文体を受け入れられなかったのか。。

 

いずれにしても私には縁がなかった作品だと諦めていた☆

 

ところがこの作品が映画化!!

 

主演のリリー・フランキーさんは役者さんとしても好きな方♪

奥さんに中嶋朋子さん、息子が亀梨くん、娘が橋本愛ちゃんときたら、俄然興味がわいてきた!

 

小説がだめでも映画なら!

 

邦画が好きじゃない夫が一緒に観に行ってくれるはずがない。。

 

ロードショーは諦めて、DVDになるのを待つとしようかな。。

でも。。気になる〜!!

| 映画&本 | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シェフ&小暮写眞館

チエコさんの入院時の付添いの時に観た映画と本の備忘録☆

 

息子がポータブルDVDプレイヤーを貸してくれたので、持て余していた付添いの時間に軽いDVDを観た♪

 

何も考えずに楽しめそうな作品がいいと、予備知識ゼロから、

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』をセレクト☆

(あれ?似たようなタイトルのドラマ、ない?)

 

 

これがなんと面白い! 痛快! 美味しそう!な作品だった♪

 

腕のいいシェフがオーナーと衝突してレストランをやめ、フードトラックでキューバサンドを売りあるく、というありがちなストーリーなんだけど、とにかく美味しそうなお料理満載で、お腹がグーグーなりそうな作品(笑)

 

でも、この主役のシェフ、誰?見たことないぞ?

と思っていたら、アイアンマンシリーズの監督で、本作では製作、脚本、監督、主演の4役をこなしてるんだって!

 

なるほど〜! 納得!

だって、この冴えない(笑)外見のシェフの元妻や元恋人がことごとく美人なの!

監督ならキャスティングやりたい放題?(笑)

 

ま、それは置いておいて、他のキャストがチョイ出なのにすごいの!

 

レストランのオーナーにダスティン・ホフマン、元恋人にスカーレット・ヨハンソン、元妻の元夫にロバート・ダウニーJr☆

豪華すぎない?

あ!アイアンマンつながりのオファー?(納得)

 

それともう一つ☆

シェフの友達のいい奴、これずっと昔観た『スーパーマリオブラザーズ』の映画で、ルイージ役だったひとだ♪

おっさんになったなぁ(笑)

 

ストーリーがテンポ良くて飽きずに観られるっていいね(^_-)-☆

中断しながら観ても十分に楽しめた♪

 

オススメ☆☆☆

 

 

 

 

さて、付添い時、こんな時しかできないってことで、長編小説を読んだ☆

(コンビニの本コーナーでの選択なので作品は限られたけど)

 

宮部みゆきを久しぶりに読んだ♪

 

小暮写眞館(上・下)

 

タイトルから言って、ハードな殺人事件を予感させない作品☆

主人公も高校生の男の子☆

ビンゴ!

 

殺人や大きな犯罪は皆無☆

両親の趣味で買った家が古い写真館で、そこを舞台に繰り広げられる心霊現象や、友達との交流、家族の問題、淡い恋。。

おや?私がかつて読んだ宮部みゆきとはちょっと違うぞっていうテイストの作品だった☆

 

理由、模倣犯、レベル7みたいな、残虐な殺人をテーマにした作品を書いた人の作品とは思えない!

あ!でも、今夜は眠れない、とか夢にも思わない(だっけ?)なんかと感じは似ていて、主人公とその友達が不可解なことを追及していくっていう形は一緒かな?

 

あとがきを読んだら、宮部氏自身が殺人なんかを扱ったテーマに嫌気がさし、時代物に逃げたりしていたって書いてあった☆

久々に書き下ろした現代ものがこの作品ってわかるような気がする☆

 

 

さて、この作品、また後で知った事なんだけど、TVでドラマ化されたんだってね!

主人公の花ちゃん、誰だろう?って思ったら、またもや好青年の代名詞、神木隆之介くんだった(^_^;)

 

しかし。。

薄暗い病室で文庫本の小さな文字を読むのはキツかった〜!

 

| 映画&本 | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

Live Moon

SEARCH

SPONSORED LINKS

    無料ブログ作成サービス JUGEM