<< 今年も。。。 | main | 時間に追われない生活♪ >>
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年☆

ハードカバー、久しぶりに買った♪

そして一気に読破!!


村上春樹ってこんなに読みやすかったっけ? ってくらいすんなり読めた☆

igoten師匠も言っていたけど、彼にしては珍しいハッピーエンド(に近い 笑)

相変わらず、問題を投げかけたまま読者に委ねる手法は健在!
未解決なエピソードは、彼が結果を書かない限り勝手にコチラで想像するしかない(^_^;)

いつものことかな(^_-)-☆

私としては灰田君のことが、ノルウェイの森の突撃隊と同じくらい気になる☆



読み終わった後、アマゾンのレビューをちょいと覗いてみたら、まぁビックリクリックリ!

みんなすごいね〜!
辛辣なものから好意的なものから、発売してまだ間もないというのにレビューの山!!

感想なんてその人の感覚だし、傑作だ、駄作だって評価は主観的でしかない☆

でも、みんな本を読んだ後にこんなに細かい感想を書けるってことにむしろビックリだわ。。。

それだけ注目されているってことだね♪

発売前に本のタイトルを聞いたとき、何のことやら?何を狙ったタイトルか?
って思ったけど、読んでみたらまさに『これしかない!』って思えて不思議だわ(笑)



あ!村上ワールドが好きな私の感想は。。。

今回も面白く読めました♪ ということで(^_-)-☆


 
| 本のこと | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 09:20 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

Live Moon

SEARCH

SPONSORED LINKS

    無料ブログ作成サービス JUGEM