<< 今年もピーチメルバ♪ | main | お盆、食べて飲んで♪ >>
百日紅と読書♪

時間ができた時、『本を読む』という選択肢が浮かぶのは、よほど余裕があるか何かのきっかけがある時だ☆

 

あちこちに赤く咲き誇る百日紅を見ると、あの作品を読まなければ!という、妙な使命感に襲われる(^_^;)

 

過去に何度かここでも触れている☆

 

http://miro-miro.jugem.jp/?eid=883

 

連城三紀彦の『家路』

この作品をを初めて読んだときの衝撃が甦る!

 

ずっしり重くからくりだらけ、衝撃のラスト!

この作品の中で重要な役割を果たす百日紅の大木☆

 

なぜか印象が強烈すぎて、毎年百日紅を見るたびにこの作品を思い出す☆

 

 

そして不思議とリンクして読みたくなる作品が、篠田節子の『子羊』

 

 

さて、私は本は購入派♪

書庫に押し込められた文庫本の山から、この2作品の納められたアンソロジーを探し出すのが一苦労(笑)

 

書店でつけてもらったカバーをいちいちはずしながらタイトルを確認(^^;

 

そしてこの2冊を見つけた!

 

 

講談社文庫の『もうすぐ犯行記念日』と、角川ホラー文庫の『ゆがんだ闇』

 

タイトルからして怪しいわ(笑)

 

昔はミステリーばかり読んでいた頃があったっけ(^o^)

 

各本から先の2作品を一気に読んだ♪

 

たぶん3年ぶりくらいか?

 

やっぱり衝撃的!

家路の重いけど読まずにはいられない魅力☆

子羊の空恐ろしい異様な世界…

 

読後感は良いとは言えないけれど、時期が来ると読みたくなる作品があってもいい♪

 

なんか…

せっかく探し出した本なのに、2作品読んだら満足してしまって他の作品には目もくれず(笑)

 

うそ!

 

目が疲れて読めなかった(^^;

認めたくないけど、老眼が進んでる?

 

 

 

| 本のこと | 09:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 09:03 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

Live Moon

SEARCH

SPONSORED LINKS

    無料ブログ作成サービス JUGEM