ま、いっか。


最近の私は忙しい☆

仕事もさることながら、なんでこんなに時間に追われた生活をしているのか。。。
ちょっと前まで、夫と二人でのんびり暮らしていたのがウソみたい(^_^;)

息子が長い学生生活を終えて帰ってきて一緒に暮らすようになった☆
近くに住む娘の子どもたちが、だんだん大きくなってきて、一緒に過ごす時間が増えた☆

どちらも嬉しいことで、大歓迎だ!

ただ、本を読む時間が無くなってしまった。。。

『1Q84』を読み終えた後、あれもこれもと読みたい本をピックアップしていたのだけど、まったく読めず。。。


前置きが非常に長くなってしまったわ(^_^;)
(これだから息子に、簡潔に話をして!といつも怒られる) 



浅田次郎氏の『ま、いっか。』は、一編が最大4ページのエッセイ集☆

ちょっと空いた時間に気楽に読める♪
しかも、面白い!
今の私にピッタリの本でした☆

氏の作品は『鉄道員(ぽっぽや)』とあと短編をいくつかしか知らないけど。。。
このオジサン、面白い!!

結構若くて驚いた!
自衛隊にいたり、ブティックを経営してたりなんて、変わった経歴の持ち主☆

自身の体験談だったり、薀蓄に、生い立ちの回想など。。。
気軽に読めて、いいよ、これ♪


表題の『ま、いっか。』はお気楽、適当な私の代名詞みたいなもの(笑)

上手くいかなかったり、ちょっと煮詰まった時なんかに、

『ま、いっか!』と声に出して言うと、不思議と何とかなるのよ(^^)v
気持ちも楽になるしね!

これは何年か前に、うんと年下の友達の男の子に教えてもらった♪



でもね。。。

ま、いいっか!を多発してると、たまにどーしようもない状態に陥るから
ご注意を(^_-)-☆



| 本のこと | 11:29 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
ガール



1Q84のBook3文庫本が出るまでの間、何か軽い本を読みたかった☆

TVの予告でちょっと興味があった映画、『ガール』の原作本が目に付いたので、思わず買っちゃった♪

実は、向井クンが出ていたから(^_^;)



映画は豪華なキャスティングだね〜!!

内容は大まかにしか知らないけれど、キャストに目を通してから本を読み始める。。。
こういうのって結構、面白いかも♪

登場人物が頭の中で映像化される!
でも、ストーリーは知らないから、ワクワクしながら読み進められるし、映画を観ていないから、原作のストーリーに忠実に、役者さんたちが私の想像の中で演じてくれる!

ただ。。。

原作では向井クンの役が出てこない!!

映画の中では、香里奈の恋人役らしいんだけど。。。
ちょっとガッカリだな。。。

その他、登場人物の年齢とか、主人公同士が原作はまったく関わりのない短編なのに、映画ではみんな知り合い、みたいな違いはあるみたい☆

短編を映画で一つの作品に仕上げようとしたら、仕方ないのかもね(^_^;)


で、内容は面白かった!!

バリバリ働いているアラサ―の女性たち☆
いろいろな悩みを抱えながらも、現実と向き合って溌剌と生きている☆
読後感はスカッと爽快だった!

ちょっと篠田節子の『女たちのジハード』にも似てる??

でも、この作者、男性なんだよね!
『奥田英朗』って知らなかった。。。

この作品で、あまりにも女性心理を上手く表現しているので、実は女性なのでは?という疑惑もあったそう。。。

でも、画像を検索したら、りっぱなおっさんだった(笑)

私も働く女性(オバサン)だけど、アラフィフだし、大企業で働く主人公たちとは似ても似つかない(^_^;)
もう20歳若かったら、もっと共感して読めたかもね♪



不思議なもので、本も映画と一緒で、読み始めると次が読みたくてたまらない!

まずは『1Q84 Book3』を読んで、その次は米原万里の作品を読もうと思う☆



余談ですが。。。

宮部みゆき作品のドラマ化、予想通り。。。
チ〜ン!!

| 本のこと | 12:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
最後の恋☆つまり、自分史上最高の恋。
 いつもなら絶対手を伸ばさない本を買ってみた♪
レジでちょっと気恥ずかしい思いをしながら(笑)



阿川佐和子   角田光代   沢村凛       柴田よしき
谷村志穂     乃南アサ   松尾由美    三浦しをん

8人の作家によるアンソロジー☆

いわゆる胸がドキドキするような激しさはないけれど、どの作品も肯けて、切なくて、一気に読んでしまった♪

読み終わって心に残っている場面をいくつかあげてみると。。。

☆飼い主の麻子に恋している春太というワンコ
 落ち込んでいる麻子に抱きしめられたとき。。。(以下抜粋)
  
  泣くなよ、麻子。俺がいるじゃないか。な?』
  中略
  ほら、麻子。こうやってくっついていると、ぬくもってくるだろう。
  泣くことなんかないんだ。俺がそばにいる。
  俺はいつだって麻子のことを考えているし、思っている。
  だから笑っていてくれよ。

  麻子の心臓は俺のものよりずっとゆるやかに鼓動を刻む。
  命の速度がちがうからだ。
  俺はせつない。そして悲しい。
  麻子の悲しみを感じるのに、できることはあまりに少ない。
                       (三浦しをん 『春太の毎日』より)

究極の一方通行の恋!なんたって 『俺』は『犬』なんだから。。。


☆好きになっちゃいけない人を好きになりそうになった時、それを防ぐ方法。
 
  あ、あぶないと思ったら、相手の部分を見るの。
  全体とか、魅力的なところを見ちゃだめ。
  中略 
  醜いというか生理的に引いちゃいそうなおぞましいところが、
   絶対に1箇所はあるからね、
  そこを見つけて注目するの。
                        (沢村凛 『スケジュール』より)

なるほどね(^_^;)


他にも、自分にとって最後の恋だと思っていた相手が、心変わりして別の女性と結婚する。
ということは、自分は彼にとって最後から2番目? ブービー賞か?
そんなのは絶対嫌だって気にする女性。。。


アルバイトであやしい宗教のビラを配りに行った先の老女に、
『おかえりなさい』って言われて、ビールや食事を振る舞われた大学生☆
二度目に訪れた時、老女は赤い口紅をひき、頬紅までさしていた。。。
誰かと間違われていると思いつつも、老女のところへ通う彼☆
老女にとって彼は、最後の恋の相手だったのか?


阿川佐和子の作品もなかなか面白かった!
お奨め度高い本ですよ(^_-)-☆





俺にしてみりゃ、これで最後のレディ〜♪
なんて言われた日にゃ、 女冥利に尽きるんだけどね(笑)

にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ
にほんブログ村
| 本のこと | 12:41 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
最後まで迷宮だ。。。


読みたい本リストのトップだった、清水義範氏の『迷宮』、ようやく読みました☆

パスティーシュで有名な氏。。。
ユーモアとちょっと皮肉が混じった作風のイメージが強かったのだけど、
この作品は 大真面目なミステリー☆

かなりグロい事件に最初から引いてしまった(^_^;)
(ストロベリーナイトも平気だった私だけど)

謎解きといった感じではなく、一つの事件を多方面から描いている☆

これは何?
何のためにこんなことしてるの?
う〜ん、よくわからないな。。。(すでに迷宮)

どんでん返しを期待したラストも、意外と普通。。。

てか、よくわからない!!!
igoten師匠、私、どうやらこの作品、ついていけませんでした(泣)



結局、迷宮入りってことですかね。。。

にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ
にほんブログ村
| 本のこと | 13:07 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
一人の時間 村上春樹を読む♪
 夫は今年、お得意さん4社の役員をしているので、
年末から年明けにかけて、役員会やいろいろな会合で夜家を空けることが多くなる☆

イコール、私一人の時間が多くなるわけだ☆

一人でDVDを観るのはわが家ではルール違反なので、私は本を読む♪



久しぶりの村上春樹

たぶん、『レキシントンの幽霊』以来かな?
いや、1年前『ノルウェイの森』の映画が封切られる前に、慌てて読み返したのが最後だ☆

igoten師匠が、村上春樹は小説よりエッセイの方が断然いい!って言ってたけど、
その意味、分かる気がする!

で、選んだエッセイ☆

走ることにについて 語るときに 僕の語ること

この本のタイトルは、彼が敬愛する レイモンド・カーヴァー

What We Talk About When We Talk About Love
(愛について語るときに 我々の語ること)

をもじっているという☆

春樹氏がマラソンやトライアスロンを長く続けていることはあまりにも有名だ!

彼がなぜ走ることを始め、走り続け、そしてトライアスロンに挑戦するようになったか。。。
走るということは、彼にとってどんな意味があるのか
彼が走る小説家になったわけ。。。

『走ること』について書いているうちに、それは『自分』を見つめることに繋がり、
このエッセイは彼自身、『メモワール』であるという言いかたもしている☆

おそらく、この本の読者は、村上春樹のファンのみならず、
自分も走っている人』が多いんじゃないかな?

でも、私のように『走る』こととは無縁で、たまに走ることといったら、
朝、時間がなくてゴミ置き場まで走ってゴミを出しに行くくらいな人でも、
気の遠くなるような長い距離を走る人の気持ちが少しだけ理解できるようになるんじゃないかな。。。

プロローグを読み始めた時点で、あることに気付いた!

私は村上春樹の文体と表現が好きだ☆

読んでいて心地いい! スッと頭に入ってくる!
よく、彼の小説は難解であると言われるけど、私はその心地よさを引きずりながら
最後まで読んでしまうので、テーマがよくわからなくても構わないのかもしれない(笑)


ワクワクしながら読み始めた本だけど。。。

第2章の半ばで睡魔に勝てず、撃沈してしまった。。。(^_^;)

その原因はコイツラ↓↓↓

 
お風呂上がりの暖かい部屋で、調子に乗ってグビグビ飲んだカンパリソーダ☆






ま、いいや!
続きはこれから数日ある、一人ぼっちの夜のお楽しみにしよう(^_-)-☆
応援クリック、ヨロシクね!

にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ
にほんブログ村
| 本のこと | 10:54 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ヤバイ!ヤバイ!ヤバイ!
 

本を読む時間もないって嘆いていた私に、息子がこれならって貸してくれた本☆

自分で選ぶ本なら、内容がある程度予測できるのだけれど、今回は無防備だった!

これ、反則でしょ〜!
ストレートに心の琴線に触れてくる。。。

読み始めたのが、義母を病院に連れて行った待合室ってのもタイミングが悪かった!

こらえても涙が流れ出て、慌てて読むのをやめてしまったくらい(^_^;)

テーマが末期がん、終末医療と家族っていうことを知っていたら、
もしかしたら読まなかったかも。。。

でも、いつ何時、自分にもやってくるかもしれないことだけに、
身につまされる思いで読みすすめた。。。

独立した短編かと思っていたら、最後に見事につながった!

さすが、重松さん!


いつも後で知るのだけれど、これも映画化されたそうです☆
| 本のこと | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
パスティーシュって?
 
1ケ月以上かけてやっと読み終えたアンソロジー☆

『小説すばる』に掲載された短編を集めたものだけど、まぁ、豪華な顔ぶれの作家さん!
どちらかと言えばミステリー色が強いのも私好み♪

これだけ有名な作家たちの作品だと読み応え十分でした☆

浅田次郎氏の『角筈にて』が一番好きかな(^_-)-☆


そして、アンソロジーといえば初めての作家さんとの出逢い!
今回もまた、スゴイ作家さんに出逢ってしまった♪

清水義範(しみずよしのり)氏☆

作品は『苦労判官大変記

歴史物か。。。と、ちょっと引き気味で(私は日本史が大の苦手!)読み始めたら。。。

最初のページから引き込まれた!
何これ??? ふざけた話だな!
でも・・・超面白いじゃん〜(^O^)

京の五条の橋の上で弁慶と義経の出逢い☆
ネタバレしちゃうと、実は醜い大男、弁慶が本当の源義経!
でも、顔がよく、好青年でなければ人々は応援してくれないという理由で、
自分の身代わりになる色男をナンパしてたって設定。。。

会話もおかしい(^_^;)

ニセ義経の現代の若者風のしゃべりがツボ!

まるで、大〇建託の、津川雅彦の秀吉と利休のCMみたい(笑)


秀:利休、この部屋、狭くね?
利:超せまいっす〜!

歴史苦手な私でも、こんなパロディーみたいな話なら、スッと読めちゃうな♪
それに史実に基づいた(?)パロディーだから、もしかしたらこっちが本当なんじゃ?
なんて思えて笑える!

タイトルも、九郎(義経) → 苦労、 太平記 → 大変記 

センスあるね(^^)v

どんな作家さんなんだろうってちょっと調べてみたら、
パスティーシュという手法の先駆者だって!

パスティーシュっていうのは、作家や作品の作風を模倣する手法だって☆
パロディーも広い意味でのパスティーシュだそうです☆

偽史日本伝』っていう短編集が面白そうなで、読んでみよう♪

もちろん、パスティーシュ以外の作品も面白そうですよ(^^)v



9月の声を聞いたら、秋の気配も感じられるようになりますね☆
本を読むにもいい季節!

うたかた夫人さんおすすめの、坂口安吾『青鬼の褌を洗う女』も読んでみたい♪

映画も観たいな♪

ユメちゃんのお腹が爆発する前に、読みだめ、観だめをしておこう!
| 本のこと | 15:18 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
嫌いです〜!!

読まなきゃよかった。。。って思う本に時々出逢う☆



第6回本屋大賞受賞作品、『告白』

予備知識あり☆
読みたいと思っていた☆

先日、『竜の道』を買ったとき、勢いで買ってしまって、勢いで読んでしまったけど。。。
嫌な気持ちでいっぱいだ〜!

映画で言ったら、『告発』 とか『7つの贈り物』 がソレ!


湊かなえは、アンソロジーで短編を1作だけ読んだことがあったけど。。。
なんか、設定が似てる ちょっとしたどんでん返しが得意?

先日、TVの対談で観た、人のよさそうな天然オバサンがこんな作品、書くんかい?


私の今の気持ち、松たか子主演の同作、映画化を観たという伊衆院光が言い得ている!
(深夜のラジオ番組での発言だって!)

以下、引用。。。

たとえば、食べ物の好みがあるじゃないですか。
ある料理が出されて、調理方法も間違っていない。
手が込んでいて、心もこもっている。
食材もキライじゃない。
そういう食材が好きだって人には、これほどうまい料理は無い。
だけど、俺は『もう箸を付けないな』っていう料理なんですよ。
改良の余地がない、完璧な料理なんだけど、俺は嫌いな料理なんです。


| 本のこと | 15:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
途中報告〜♪
 

うたかた夫人さんに推奨していただいた本を読んでいます☆

3.11以来、本もDVDも暗い物やバイオレンス関係を意識して避けて、お気楽で陽気なものばかり見ていた。。。

自分では絶対、選ばないだろうハードボイルドな世界☆
うたかた様の推薦するものだから間違いないだろうけど、私に読めるのだろうか。。。

でも、そんな心配も杞憂に!

生きる目的は、復習と君臨

この本の帯のキャッチ・コピーそのままの内容☆

どんどん引き込まれる!
何なの?この世界は?
胸がドキドキする。。。

とは言え、軽い本ばかりサラッと読む癖がついていた私には、結構ハードだわ〜!
株とか証券取引、買収、裏の世界。。。

気を抜くと一気にわからなくなってしまうので、自分なりに相関図を書きながら読み進める。。。
もしかしたら、こんなに丁寧に本を読むのは初めてかも(^_^;)


この作品、文庫化されるときに上下巻二冊にされたんだって!
それも私には好都合♪

しつこく言うようだけど、私は本は購入派☆
だから、文庫しか買わない(買えない)。。。

本屋さんに行って文庫化がまだなら、もう少し先に行って読もうと思っていたのです☆
そしたら、店頭に文庫本があって、即買い♪

たぶん、いつもの2倍の時間をかけて上巻を読み終えました☆
続きが楽しみで仕方ない☆

ハラハラする場面の連続だけど、後半はさらに波乱の予感。。。
キーパーソンの女の子がどうかかわってくるのか?



うたかた様、エキサイティングな世界へのご招待、ありがとうございましたm(__)m
| 本のこと | 09:53 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
『有川 浩』が気になる!
 日曜日の朝、休日出勤する夫の朝ごはんを作るために早起きした☆
(といっても、いつもより遅いけど)

キッチンのカウンターに置いてあるポータブルのTVをつけると、『ボクらの時代』という対談番組をやっていた☆

朝7時。。。

いつもは夢の中な時間のなので、こんな番組、知らなかったわ〜!

台本もMCもなく、いろんなジャンルから選ばれた著名人3人が対談をするって番組☆
この日の3人は。。。

湊 かなえ   有川 浩    万城目 学

超売れっ子作家、3人!
めったにTVに顔を出さない作家さんたちの対談が面白かった!!

3人とも関西出身で、湊、有川両氏はほぼ同年代。。。
万城目氏はちょっと年下だけど、個性的な二人のお姉さまを相手に自然体で好感が持てた♪


私が最近気になっている作家さん、『有川 浩』
つい最近読んだ、Story Sellerというアンソロジーの中でも、ピカイチ面白かった☆

そして、てっきり男性だと思い込んでいたら女性だったことにもビックリ!

もっとたくさん作品を読んでみたいと思っていた矢先、『阪急電車』という話が映画化されていることを知った♪

たぶん邦画は劇場に観に行くことはないだろうから、DVDかTVで観るまでお預け。。。

本を読んでみよう♪



わくわく〜♪
| 本のこと | 17:51 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

Live Moon

SEARCH

SPONSORED LINKS

    無料ブログ作成サービス JUGEM